京浜南東線(仮称)では、駅員がよく車内精算に来る!

ああ、いつの間にかこんなにそばに!あなたは触れたら熱いの、それとも冷たいの、

ドライアイスのように

危険で魅惑の湯気を湧き上がらせて

彼は・・・・

黒い真珠の制服のジャケットをひらりとさせて

 あ、と、よろけて・・・

その制服に見合った、つやつやの黒髪を揺らしながら

 「車内精算いたします~ぅ」と、車内を歩き回るのだ

あ、また、よろけて。

しかし、そのとき、南東線(仮)は込んでいた

つり革につかまる人々の 疲れて曲がった背中で出来た 逆アーチをくぐる 若い駅員の 細い声・・・よろけて。

 「すみません・・・すみません・・・・」

そのとき車内の誰にも 駅員の姿が見えていないようだった

JR東日本の駅員。

小柄ながら締まったボディ、スタイルのよい背中。

光り輝く黒曜石の未来、冬の間に溜めつくした輝きを、

いま、俺、発揮せんとす、

パチパチ・・・・

駅員がいるわ

いるわ・・・

 小川に雪解け、春が来る。

 みんな、道を作ってあげてください。

 卒業式で上級生を見送るとき みたいに

 前を向いて 両手でアーチ・・・

 たぶん疲れているのですね、乗客の皆様・・・

 でも、駅員は素晴らしい・・・

 光り輝く石の、早春。

 だからそんなに背中を向けないで・・・

 駅員、駅員、駅員のために

 道を作ってあげて・・・

   ひとびとにゴツゴツぶつかっては

   あ、また、よろけた・・・・

   運動神経のやや鈍そうな その駅員の

   美しく湾曲した背中が

   だんだん削れて

   小さくなって

   ゆくのを 

   見た

★   ★

今日は用事があって銀座に行きました。有楽町駅前はトンテンカンと工事中でした。ところで最近、お金のことが気になります。世の中がお金のことを主体として廻っているのだということが、なんとなく判ってきて、びっくりしたり、それはどういうことなのだろうと探求したくなったりしています。減価償却という考え方や、臨床心理職によるカウンセリングという行為にまつわるお金とか、結婚相談というお金・・・そんなことを考えると、お金をほとんど使わず結婚相手を見つけ、お互いに協力し合って、離婚という文脈でもなく生活をしている、ただそれだけのことが、お金を生み出す生活なのかもしれない、などと考えています。

 カルティエに入らないことで、生み出す富、じゃらじゃら・・・。

 車を持たないことで、億万じゃらじゃら・・・・

 太らないことで、億万じゃらじゃら・・・・

 離婚カウンセラーにかからないことで、億万じゃらじゃら・・・

 ギャンブルしないことで・・・

 趣味がないことで・・・・以下略・・・

ああ、ニーズを認識すらしない、ということにより 億万じゃらじゃら・・・

本能的に質素に生きてきたのかもしれません。

しかしわたしの母は、「子供がお金の話をするな」とか「子供はお金のことを気にしてはならない」といったような価値観を持っていたので、わたしはお金について基本的なことを最近まで知らされず、今もお金に関して無知で無感覚なので、本当に困ってしまいます。

利息って何?

普通預金と定期預金では何で利息が違うの?

だいたいなんで預けた金額と異なった金額になってしまうのかしら??

いつかそんなことを銀行にたずねてみたいと思います。